偽物と本物の贅沢バッグ偽物と本物の贅沢バッグ

釣りを趣味にしている人は多いですよね。釣り道具の効果的な選び方などを紹介します。
釣りの種類

釣りの種類

釣りには色々な種類がありますが、場所によって違ってきます。

海釣りには、船、磯、防波堤、砂浜、河口、海上、釣り堀などがあって、淡水では、川釣り、渓流、湖、池、釣り堀などです。

そして道具にも何種類かありますね。

ちなみに磯釣りとは、中級者以上向きで、クロダイ、イシダイ、メジナなどが釣れますが、磯の岩礁地帯でのつりです。

次は船釣りで、サバ、アジ、マダイ、イサキ、ブリなどの釣りでこちらも中級者以上向きで、船に乗って少し沖にでてから釣るのです。

投げ釣りですが、リール竿を使って遠くへ投げて釣るのですが、仕掛けを付けます。

砂地の海岸から投げるのが普通で、夏場はシロギス、冬場はカレイなどが釣れるのです。

初心者でもできるので、家族連れなんて楽しいかと思います。

防波堤釣りは、初心者もできて、小型のアジ、サバ、イワシ、クロダイ、メバルなどが釣れて種類は豊富なのです。

渓流釣り・川釣りでは淡水魚の釣りですが、技術力を求められるベテラン向きの釣りです。

釣れるのはヤマメ、イワナなどが多いのです。

川釣りでも中流、下流となると初心者でもできますが、コイ、フナ、ウグイ、アユ、オイカワなどが釣れますね。

釣り竿の選び方

釣りをするには、釣り竿を始めとして、道具選びから始めなければなりません。

そこで釣り竿の選び方ですが、長さを考えるときには、釣りをする場所から考えなければなりません。

ちなみに堤防とか波止場での釣りの場合は、あまり長いと使いにくいのです。

ですから使い易いのは、4m程度が良いのです。

このタイプだとそんなに重くはないので、狭い場所での堤防とか波止場では、竿を振りやすくて良いのです。

そして、もっと広い場所の磯場となってくるともっと長い竿が良くなってきます。

5.3〜5.4mの長竿が一般的ですが、5mを超えてしまうと重くなってくるので、使い易さの面ではおすすめできません。

そこで、竿を選ぶときの長さですが、長い竿のメリットは何といっても竿のしなりを生かして魚が食いついたときのタメが行かせるのです。

ハリスを長くして深い海に仕掛けを沈めて大物狙いができそうです。

でも、重いので持ったままの釣りには、疲れるので向いてないでしょう。

風が強い日とか狭い場所での使用は難しくなってきます。

でも短い竿だと細かく竿を動かす釣りには便利で、堤防での小物狙いには、力を発揮してくれるのです。

ルアーの選び方

釣りも腕の良し悪しが左右するのが、ルアー釣りです。

ルアーの種類は豊富で、凝ってくると自分で作る楽しみが膨らんでくるのです。

ルアーの種類を一応理解したとしてもどのタイプを選ぶかは、釣りたい魚の特性が分らないとできません。

釣る状況は様々ですから、海の表層を回遊する小魚を狙うカツオとかシイラなどを吊り上げるルアーにはどんなタイプが良いかが分らないとできません。

その時に使うルアーは、小魚に見えるタイプのルアーがまずあります。

そして、沈みにくいルアーであることが条件です。

そしてルアーを付けて海に投げ込むわけでさすが、ルアーの大きさも考えなければなりません。

大きいルアーだと大物が掛かってきそうだと思いますよね。

でも大物狙いは、ヒット率が下がっていくので、一匹も釣れないなんて起こり得ることもあるのです。

ですから、ちょっと大き目のルアーをやや深いところで、流していくと大物が釣れそうとなるのです。

そうなってくると釣りに行く時に持って行くルアーの選び方は、バリエイションが大きい方が良いとなってきます。

リールの選び方

釣りの道具のリールと言えば、スピニングリールですかね。

海釣りに使う磯竿や投げ竿に装着する場合が多いのです。

ルアーロッドに付けて湖や沼での淡水釣りにもスピニングリールを使います。

磯釣りで竿を振って遠くまで飛ばすには、スピニングリールが大活躍します。

初心者の釣りには扱いやすいので、誰でもすぐに釣りの面白さが味わえるのです。

でもルアーロッドともなると竿さばきの上手下手が出てきて、練習を重ねないと旨く扱えないでしょう。

ちなみに竿の長さですが、磯場では5.3〜5.4mと長い竿を使います。

投げ竿では、2〜3m程度の短めです。

次が両軸リールで、船で沖に出ての釣りやボートで湖や沼でのつりに使われます。

スピニングリールと比べると糸を巻き取る時に威力を発揮します。

大物を釣る時は、リールにかなりの力が加わりますが、両軸リールの方が獲物と格闘して吊り上げるときには、巻いたり戻したりがし易いですからね。

ですから、スピニングリールと両軸リールがあるなかで、どういった釣りをするのかで、リールを選らばなければなりません。


その他のコンテンツ


その他のコンテンツ


花花

Copyright (C) 2016 偽物と本物の贅沢バッグ All Rights Reserved.