偽物と本物の贅沢バッグ偽物と本物の贅沢バッグ

懐かしのナムコゲームと言えばディグダグ、ゼビウス、ギャラガではないでしょうか?
ギャラガの評価

ギャラガの評価

レトロゲームと言えばシューティングゲームを連想する方も多いのではないでしょうか。

現在ではシューティングゲームはそれほど人気のあるジャンルではないものの当時は技術的な面などの理由からシューティングゲームが多く作られていたという背景があります。

その中でも日本で流行したレトロなシューティングゲームと言えばギャラガを挙げることができます。

ギャラガは1981年に現バンダイナムコエンターテインメントから開発されたシューティングゲームですが同社が1979年に開発したギャラクシアンの姉妹ゲームという側面も持っています。

ギャラクシアンおよびギャラガはレトロゲームでは著名なスペースインベーダーとかなり近いシステムを持っていますが敵キャラクターの動きが非常に滑らかで動作のパターンも多いということが従来のシューティングゲームに比べ高い評価を得ることに繋がっています。

また家庭用ゲーム機で手軽に遊ぶことができたというのも理由の一つでしょう。

現在でも現行の家庭用ゲーム機にて復刻版などがプレイできるようになっていますので是非皆さんもプレイしてみて下さい。

ゼビウスの評価

皆さんバキュラという名称をご存知でしょうか。

もしご存知の方であれば256発撃てば壊すことができるといった話まで耳にしたことがあるかと思います。

ではこのバキュラとはなんなのかというとそれはレトロゲームの代表的な作品の一つであるゼビウスというゲームに登場する敵キャラクターのことです。

ゼビウスは現バンダイナムコエンターテインメントが開発したいわゆるシューティングゲームとして有名であり今ではごく当たり前に見られる縦方向にスクロールするシューティングゲームの元祖的存在となっています。

その大きな魅力の一つとして各所に謎が散りばめられているというそれまではただ敵キャラクターを撃っていくだけのシューティングゲームとは一線を画しており例えば隠しコマンドや隠しキャラクターなどの存在によって大きな評価を得るに繋がりました。

ゼビウスには著名人にもファンが存在しておりテクノの草分け的存在であるYMOの細野晴臣氏はそうした経緯からゼビウスの続編のサウンドトラックなどを手掛けています。

現在ゼビウスはiPhoneや3DSにてプレイが可能となっていますので興味のある方は是非一度プレイしてみるとよいでしょう。

ディグダグの評価

レトロゲームに詳しい方であればディグダグというゲームをご存知かと思います。

ディグダグは1982年に現バンダイナムコゲームスが開発したアーケードゲームですがファミコンに移植されたりと身近に遊ぶことができるようになったことから幼いころにプレイしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ディグダグは他のゲームとはかなり趣が違い地面を掘っていき敵キャラクターを倒していくという内容となっています。

ディグダグが人気となった理由としてそれまでにはなかったゲームシステムやデフォルメされたキャラクターの他にもポップな音楽が評価を得ることに繋がり続編が開発されるまでに至りました。

ディグダグのゲームシステム自体はかなりオリジナリティの強いものではありますがその後にも近しいジャンルとも言えるゲームが開発されるなど後世の作品に影響を残しています。

現在では任天堂から製造販売されている家庭用ゲーム機であるWii Uでのバーチャルコンソールからでもプレイが可能となっていますのでレトロゲームに興味がある方は是非一度ディグダグをプレイしてみてはいかがでしょうか。

バンダイとナムコの合併理由

近年では様々な企業が合併している光景を目にすることができます。

中でも日本において多くの注目を集めた企業の合併と言えばゲーム会社にまつわるものがあります。

例えばRPGをメインとして開発していたライバル企業とも言えるスクエアとエニックス、シミュレーションゲームで有名なKOEIとTECMOが合併しましたがもう一つ2005年にナムコとバンダイが合併したのも記憶に新しいかと思います。

実はナムコとバンダイには同じ共通点が存在しておりそれは時期は違えど同じくゲーム開発企業であるセガとの合併を断られた企業であることです。

その合併の背景にはゲームの開発において協力があったことがきっかけだったと言われています。

また最近では少子化が社会問題となっていますがそれに伴いゲームや玩具業界では先行きが不安視されそうした問題に直面した両企業は手を取り合うことによって互いに不足している面を補い事業における環境の変化に対応していくことが合併した理由の一つだと述べています。

最近ではパソコンゲームに事業を展開するといった動きも見られこの先のバンダイナムコには注目が欠かせないと言えるでしょう。


その他のコンテンツ


その他のコンテンツ


花花

Copyright (C) 2016 偽物と本物の贅沢バッグ All Rights Reserved.