偽物と本物の贅沢バッグ偽物と本物の贅沢バッグ

三国志の名軍師たちと蜀の劉禅の実績を述べてみました。
諸葛亮孔明ってどんな人?

諸葛亮孔明ってどんな人?

諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)は中国の後漢から三国時代に活躍した政治家であり軍師です。

蜀の劉備玄徳が蜀を建国するのを助け、さらにその後劉備玄徳の子供であり蜀の王となった劉禅の丞相を務めた人物として、日本では非常に人気が高い人物になっています。

諸葛亮孔明は181年に生まれたと言われていますが、実は出生につていは不明な部分が多くなっています。

諸葛亮孔明が歴史上に登場してい来るのは、西暦200年、華北で曹操が袁紹を破り、南進の機械を窺っていた時です。

諸葛亮孔明の友人である徐庶が劉備玄徳の下に出入りし、諸葛亮孔明の話を劉備玄徳にしたことから、はじまります。

ですが、劉備玄徳は3度諸葛亮の家に足を運び、ようやく諸葛亮孔明を幕下に迎えることが出来たという「三顧の礼」の逸話が有名です。

武力ではなく智によってさまざまな戦いを指揮し、政治家として活躍した人物です。

234年に魏との戦いのさなか病に倒れて亡くなります。

享年は54歳でした。

亡くなったのちは定軍山に葬られ、非常に質素な規模で埋葬されています。

司馬懿とはどんな人?

司馬 懿(しば い)は179年に中国の河内郡温県孝敬里で生まれました。

殷王司馬?の12世孫で、名門の家柄にうまれたということができます。

司馬 懿は三国時代において、魏の曹操に使え、曹操の丞相として活躍をした武将であり政治家でもあります。

蜀の劉備玄徳の軍師として有名な諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた人物としても知られており、文武に秀でた非常に優秀な人物でした。

優秀過ぎるために、実は曹操にも嫌われていた人物と言われていますが、曹操亡き後も曹操の子どもの曹丕との仲はよく、魏の皇帝を4代に渡って盛り立てたといわれています。

実際に魏は曹一族が君主として君臨していましたが、事実上実験を握っていたのは司馬懿でした。

曹丕から数えて4代目、曹芳の時代に、司馬懿と共に皇帝を補佐していた曹爽によって一時期政治的権限を失い、軍事のみを任されるようになりますが、司馬懿はわざと仮病を使い曹爽を策略にはめ、曹爽一族をもろとも処刑することに成功します。

かなり知略にもたけた人物であったということがよくわかります。

また西晋の礎を築き、のちに西晋が立てられると宣帝の号を追号されます。

陸遜ってどんな人?

陸遜(りくそん)は後漢から中国の三国時代に活躍した政治家であり武将です。

三国時代に呉を建国した孫権に使えていた人物で、183年に揚州呉郡呉県に生まれました。

203年、陸遜が21歳の時に孫策の弟である孫権が呉の幕府を開いた時に初めて孫権に使え、それ以降さまざま功績をあげています。

陸遜の最大の功績といわれているのは、荊州攻略です。

当時荊州は劉備玄徳、つまり蜀の支配下にあり、荊州は蜀の将軍である関羽が治めており、呉はこの関羽と対峙していました。

当初関羽と対峙していたのは呂蒙ですが、病を得てしまいます。

代わりの将として、名前を知られていない陸遜を推挙し、孫権は陸遜を将に迎えます。

この荊州攻略によって関羽をうち、荊州を手に入れます。

荊州は呉に下りました。

その後も陸遜は孫権、つまり呉のために良く働きます。

人を思い、君主を思う人物で、最終的には呉の丞相にまで上り詰めますが、孫権の後継争いに巻き込まれてしまいます。

呉においては非凡である優れた人物でしたが、245年に二宮の変により、憤慨の中急死したといわれています。

劉禅ってどんな人?

劉禅(りゅうぜん)は三国時代に活躍した劉備玄徳の息子で、蜀の第二代皇帝です。

207年に劉備玄徳が身を寄せていた荊州の新野で、側室だった甘氏との間に生まれました。

223年に劉備玄徳が亡くなったために17歳で皇帝に即位し、丞相の諸葛亮孔明と共に政務にあたり、蜀を守りましたが、234年に諸葛亮孔明が亡くなり、263年に魏によって蜀が滅ぼされたのちは、安楽県を治め、271年に65歳で亡くなっています。

劉備玄徳・諸葛孔明亡き後、30年で蜀が滅んでしまったために無能な君主といわえれることがおおい劉禅ですが、実はこの三国時代において40年間蜀を存続させることができたのは、劉禅だからこそとも言われています。

三国時代という乱世において、これだけ長い治世を敷くことができたのは、実は劉禅のみです。

人材を適材適所に配置し、軍師である丞相である諸葛亮孔明を信頼し、しっかりと部下の能力を認め、政務を巻かせることが出来たという点は、非凡な部分ということもできます。

ただ、軍部の実権を握った姜維を諫められなかったという点によって、蜀が衰退してしまったとえいます。


その他のコンテンツ


その他のコンテンツ


花花

Copyright (C) 2016 偽物と本物の贅沢バッグ All Rights Reserved.